PC

良くある質問

良くある質問

男性の場合、前立腺の触診(直腸診)は必須ですか?

A.典型的な前立腺癌は、肛門から指を入れて前立腺を触ると(直腸診)前立腺内に硬いしこりが触れるため従来、男性の患者さんは、泌尿器科を受診すると、直腸診は必須の検査でした。しかし、PSA検査のおかげで、しこりのできるずっと以前の段階で早期の前立腺癌が発見されるようになりました。
直腸診が嫌で、泌尿器科受診をためらっている方も多くいますし、痔の悪い患者さんには非常に苦痛な検査です。中には希にPSA値が上昇しない前立腺癌もありますがそのようなごく希な前立腺癌を見つけることより、より多くの患者さんにPSA検査を受けていただくことのほうが重要だと考えております。そのため、当院では基本的に直腸診は行っておりません。採血結果や臨床経過から、前立腺癌の確定診断を得るために前立腺生検をするかどうか非常に迷うような微妙な状況の時のみ、触診させていただいております。

ED治療薬をもらいたいのですが、どのような検査がありますか?

A.問診票に「ED」と書いていただければ、簡単な問診のみで局部の診察や特殊な検査などは、一切しておりません。
そのため、初診料・再診料・処方箋料などは、いただいておりません。
内臓の悪い方にはお渡しできないこともあるので、初診時と、その後は年1回必ず肝機能・腎機能検査の採血だけ受けていただいております。
また、ED治療薬は、併用してはいけないお薬があります。
他の病院からお薬を投薬されている方は、お薬手帳または薬の説明書を必ずご持参ください。

性病の検査では、どんなことをしますか?

A.基本的に検尿だけです。クラミジアの診断は、従来は綿棒のようなものを尿道に挿入して粘膜を剥ぎ取っていた、かなり痛い検査でした。
現在は尿中のDNAを解析することで診断できるようになっているため、おしっこを出してもらうだけです。1時間以内に排尿していると、検査にひっかからないので、当院に来られる直前には、排尿しないで来てください。
局部の表面に湿疹や潰瘍ができているものは皮膚科の領域になります。
当院向かいの皮膚科をお勧めします。